お客様の要望に合わせた作詞・脚本(株)夙川座

アマチュアプロを問わず、音楽を創りたい人にお応えします。
 0798-55-8297
お問い合わせ

依頼記事

 

伊丹には「ミマモルメ」とかいう防犯ネットシステムがあって、昨日はそれを通じて暴風警報による小学校の「休校」のお知らせメールが届いた。

 この「ミマモルメ」は元々防犯カメラの運用システムで始まったのだが、今では学校も利用して広範な連絡網になっている。

 実は伊丹は防犯カメラ大国である。

 大阪市(人口270万)全体で防犯カメラが5000台と言っていた時代、伊丹市(同20万)は1000台を設置した。

 これには民間のものは含まれていない。

 伊丹では何か悪いことをしても、必ずどこかのカメラに写る。

 と言われていたのだが……

 先日、近所の関西スーパーに買い物に行き、駐輪場に自転車を止めて買い物中、急な呼び出しがあった。

 そのまま大阪に出て、ちょっとした仕事の後、例のごとく飲みに行って、飲酒運転はあかんからと自転車は駐輪場に置いて帰った。

 翌日、関西スーパーに行って自転車を探すと、泊めた場所にはない。

 サービスコーナーに行って尋ねても、自転車の移動は基本、やらない、と。

 警備の人に自転車を泊めた位置を告げると、

「ああ、そこは!」

 なんと、

「防犯カメラに映らない場所ですわ。こっち側に泊めといたら、バッチリ映ったはずや」

「カメラに死角があるんですか」

「そうなんですわ。全部はなかなか無理で」

 自慢ではないが、盗まれた私の自転車の価値は高い。

 自転車としてではなく、金属として。

 ただのママチャリに見えるが、バブル時代に買った総アルミ製の高級車なのである。

 専門家から、アルミとして相当の価値があると言われたことがある。

 だからこそ資源泥棒に狙われたのだろう。

 街を巡回する資源泥棒のトラックにガシャリと載せられて、それで終わり。

 こいつらは防犯カメラの死角など知り尽くしているだろうから、完全犯罪である。

 やれやれ。

 それ以来、街の防犯カメラの位置を確認するようになった。

 新しい自転車は、当然、防犯カメラの真下に泊めている。

 

防犯カメラ広告

株式会社トリニティ 名古屋防犯カメラセンター

 

何年か前、伊丹市の防犯カメラシステム「ミマモルメ」が本格稼働に入るとき、市内各所で住民説明会が開かれた。

 案内が来ていたので、興味本位ではあるが、近所の公民館で参加してきた。

 伊丹には名ばかりではあるが国際空港がある。

 当然「ミマモルメ」もテロ対策の一環として位置づけられるのだろうと思っていた。

 ところが、説明に「テロ」の「テ」の字も出てこない。

 最後に私が「テロ」との関連を質問すると、市の職員の方が、

「防犯こそ、最大のテロ対策だと思っています」

 いや、それは違う。

 と思ったが、黙っていた。

 テロ対策と防犯は全く違う。

 一般的な犯罪者にとって最悪で、もっとも避けなければならないのは、警察に捕まることである。

 だから防犯カメラに写らないようにする。

 防犯カメラの「防犯」たるゆえんである。

 それではテロリストにとって最悪なのは何だろうか。

 テロの失敗はもちろんのこと、それよりも最悪なのは、実行したは良いが、何の注目も集めないことである。

 テロの最大の目的は自らの信仰や信条が世の中に広まることにある。

 何の注目も集めなければ、何のためのテロかわからない。

 世に露出することが目的なのだから、警察など恐れないし、だからカメラに写ることもためらわない。

 と言うか、むしろ大々的に写して欲しいと思っていることだろう。

 思い出すのは、昭和53年(1978年)3月の成田空港占拠事件である。

 新左翼(過激派)の一派である第四インターナショナルのメンバーが管制塔を占拠し、管制機材をハンマーでぶち壊す様はテレビでも放映された。

 これにより、開港が3ヶ月遅れた。

 この当事者に近い方に面白い話を聞いたことがある。

 ハンマーでぶち壊すより、床板を剥がして、そこにみんなで小便をすれば、もっと開港を遅らせることが出来たのだと。

 じゃあ、なんで、そうしなかったのか。

「テレビに映るだろ」

 格好悪い、と。

 そりゃ、立ちション姿より、ハンマーを振り上げた姿の方を映して欲しいだろう。

 巨悪に鉄槌を下している感じもするし。

 これがテロリストの心情であり、この心情の前では防犯カメラなど何の役にも立たない。

 そもそも捕まることを恐れていないのだ。

 捕まることよりも、話題にならないこと、あるいは格好悪いことが問題なのだ。

 こういう話を公民館の説明会の場ですると、私自身がテロリストと付き合いがあるのではないかと疑われるかも知れないので黙っていた。

 ちなみに、空港を占拠したテロリストたちは、今、還暦を過ぎてなお、空港への損害賠償を支払い続けているという。

 それもまた彼らにとっては武勇伝の勲章なのだ。

 テロ対策と防犯は全く違う。

 テロリストは普通の犯罪者ではないのである。

 防犯カメラも、テロ対策であれば、設置場所など、防犯とは違った運用が求められてくるだろう。

 

《広告》監視カメラ

 

                横浜防犯カメラセンター

2020.11.26 Thursday