お客様の要望に合わせた作詞・脚本(株)夙川座

アマチュアプロを問わず、音楽を創りたい人にお応えします。
 0798-55-8297
お問い合わせ

提供済の歌詞

 

伊佐山紫文作詞 山田美由紀作曲

 (2018年5月20日 京都市北文化会館 創造活動室 大阪音楽大学「大人の会」発表会にて初演)

タイトル:花のうた

「桜」

歌詞:散り乱れ 散りおどり

   夜のながれ そのひとときを

   散り乱れ 散りおどり

   夜のながれ その有様を

   散り乱れ 散りおどり

   見定めよ その花のもと

   散り乱れ 散りおどり

   いさやかに またいさやかに 

「梅」

歌詞:貴人の袖に 花の香りを

   愛しき人の 庭にぞ咲ける

   雪と見まごう 白きその花

   貴人の指に 摘まれし花の

   愛しき人の 姿をおもう

   火とも見まごう 赤きその花

   去り行く君の その残り香を

   愛しき人の その残り香を

   夢と見まごうそのひとときを

   

「桃」

歌詞:命ある ものを助けよ

   苦しき世 憂いの世にて

   苦しみの 瀬に朽ちしもの

   助くべし すべての生を

   イザナギの イザナミと別れ

   黄泉の国 そのさかもとに 在りし桃

   ヨモツイクサを 追い払い 大神となる

   命ある ものを助けよ

   命ある 青草人の 

   苦しみの瀬に 朽ちしもの

   助くべし すべての生を

   助くべし すべての生を

「花」

歌詞:とつくにの庭にある花 この国の 庭にて咲ける

   すべて良し 赤きも白も すべて良し春にも秋も

   とつくにの 庭に在りしが この国の 庭にて咲ける

   すべて良し 赤きも白も すべて良し また桃色も

   とつくにの庭に咲きしが この国の庭にて 落ちる

   すべて良し 生きるも死ぬも

   すべて良し 光も闇も

   すべて良し 光も闇も

 

「フィナーレ 神話」

歌詞:神々の神話が心打つのは

   人の哀れさを 思い出させてくれるから

   神々もまた人であり 喜び悲しみ

   ほんとに愚かなことを 繰り返すから

   神々の神話はただ一度しかない

   この人生の価値を 思い出させてくれるから

   良く生きよう ただ生きよう

   神話は歌う 人生のその歌を

   良く生きよう ただ生きよう

   神話は歌う人生の その歌を

   

 

 

伊佐山紫文作詞 山田美由紀作曲 

(2015年11月11日 大阪音楽大学ミレニアムホール 作曲作品発表会にて初演)

タイトル: 青空

歌詞: 頬を撫でる風に 少年は 未来を 見た

    遥かに 澄みゆく空へと 想いを投げた

    風は やがて吹きすさび 

    少年は 未来を棄てた

    厚く垂れこめた雲は 空を閉ざした

    ある時ふと 少年は 振り返った

    そこには光が満ちて 空が香っていた

    そして思い出した もう少年ではないことを

    澄みゆく青空のもと 男は独り 泣いた

 

伊佐山紫文作詞 山田美由紀作曲 

(2015年11月11日 大阪音楽大学ミレニアムホール 作曲作品発表会にて初演)

タイトル:歌の鳥

歌詞: 花の夜 花弁が一枚

    夜空を舞いながら ある意思を持って

    ある意思を持って 飛ぶ

    花弁は 羽ばたきはじめ

    蝶になり 鳥になり 

    海峡を越えていく

    いくつもの 夜が明け

    いくつもの 朝が来ても

    花弁の鳥は 海原を歌いながら

    飛び続ける

    鳥よ 花弁の鳥よ 歌の鳥よ ああ

    越えて行け 越えて行け

    どこまでも どこまでも どこまでも

pdf img057.pdf (0.37MB)

 

 

    

2019.09.21 Saturday