お客様の要望に合わせた作詞・脚本(株)夙川座

アマチュアプロを問わず、音楽を創りたい人にお応えします。
 0798-55-8297
お問い合わせ

インフォメーション

2020 / 03 / 17  21:47

脚本の伊佐山紫文より

手話通訳入り「上方うた芝居」

『レイチェル・カーソン やめなはれDDT!』
原作:夙川座
台本・作詞:伊佐山紫文
作曲:山田美由紀
 今ではスーパーの棚に無農薬有機栽培の野菜が並び、農薬が使い方によっては危険であることは、心ある人々の常識となっています。
 ところが、第二次世界大戦後、農薬は害虫から作物や体を守る魔法の薬として、その危険性が全く認識されていない時期がありました。。
 頭から白い粉、DDTを浴びせられている子供たちの姿。
 映像で観たことがありますよね。
 あの頃、人々は、農薬によって、害虫のいない世界に住めるようになると、本気で思い込んでいたのです。
 そのような風潮に異議を唱え、世界を変えたのが、レイチェル・カーソンその人でした。
 末期の乳がんと戦いながら書き上げた最後の著書『沈黙の春』は、世界で爆発的に売れ、各国はDDTの規制に乗り出しました。
 もちろん、レイチェル・カーソンの仕事は、評価する人、しない人、様々ですが、たった一つ、確かなことがあります。
 それは、壊され行く自然を前に心を痛め、時代風潮と戦う決意をした、一人の感性豊かな女性がいたという事実です。
 夙川座では、次回公演(令和2年2020年11月予定)でレイチェル・カーソンの生涯を取り上げます。
手話通訳入り「上方うた芝居」
『レイチェル・カーソン やめなはれDDT!』
 科学者として、作家として、そして乳がんに冒されながら一つの時代を駆け抜け、確かにこの世界を変えた一人の女性、レイチェル・カーソンの姿を描いていきたいと思っています。
 手話通訳に完全オリジナルの音楽、それに、いつものお笑いもてんこ盛り、もちろん大阪弁で笑かします。
 期待してくんなはれ!
      令和二年(2020年)3月17日
(株)夙川座座付作家 伊佐山紫文 
2019 / 12 / 15  22:39

2020年4月25日土曜日 第3回大阪音楽大学大人の会コンサート

京都北文化会館 創造活動室にて

13時半開演(13時開場) 入場料2000円(お一人様税込み)

全席自由

よろしければ、是非お越しくださいませ。

チラシが出来ました。

ご覧くださいませー。olレイアウト.jpg

2019 / 11 / 25  13:41

伊佐山紫文がラジオ出演。

伊佐山紫文がラジオ出演。

DSC_0363.JPG

 

ラジコというネット放送で聞くことができます。

ダウンロードがお手数ですが、無料ですので、聴いてやろうかという方はぜひ「ラジコ」で検索してください

番組は、

大阪のFMOH!「おしゃべり音楽マガジンくらこれ!」

11月24日放送分 です。

2019 / 06 / 28  23:05

2019年6月公演アンケートより

DSC_0005.JPG

今回もたくさんのお客様のアンケートいただきました。

アンケートより抜粋

関西弁のオペラ、奇想天外、面白いです。 歌手の方々の実力をあじあわせていただきました。

あっという間の2時間でした。

大阪弁でコミカルな雰囲気で面白く見ることができました。

前の方はすべて関係者でおさえられていてガッカリしました。→大阪市の外郭団体のお客様150名の団体のお客様があり、入場の煩雑を避けるために席をおさえましたが、次回からは、席の場所を再考します。 ごめんなさい。

クラシックのみならず、色々な要素が詰め込まれていて、話の展開が面白かった。

苦労しながらも明るく生きていくクララがよく描けていたと思います。

まさかの関西弁満載のセリフに驚き、かなり楽しかったです。

歌は聴きごたえあり、すばらしかったです。

歌は和訳で分かりやすい。

クララの人生をしりました。

リラックスして楽しめました。 一般的な音楽会では静かにしていないといけないので、笑ったりして気分がほぐれました。

小学生の息子もなんとか最後まで席にいました。(いつもは必ずホールにとび出て行ってしまいます。)

ロベルト・シューマンとクララ・シューマンの物語を初めて知り、感動いたしました。

声がよく、二胡もすばらしい。

わかりやすく、音楽が非常によかった。

今回初めて見させていただきました。チケット料金からして舞台設営できないし、どんな風に展開するのか興味ありました。こうしたクラシック音楽を聴くのもいいです。

ピアニストが主役、面白い試みですね。 脇役がそれぞれ盛り上げ、大変良かったと思います。 

久しぶりに素晴らしい歌声に感動しました。

大変楽しませていただきました。ピアノ1台で充分語れるものですね。

クララ、しゃべった瞬間からもうアンミカにしかみえない(笑い)とてもおもしろく、またえんぎも演奏、歌声もすばらしかったです。

まだまだたくさんの感想をありがとうございます。

次回の主催公演は、来年2020年11月を予定しています。 その時まで、これらのアンケートをこころの支えとして、頑張っていきたいと思います。

 

2019 / 02 / 08  21:41

2019年6月2日日曜日大阪公演

レイアウト表.jpg

6月2日日曜日 14時半開演(14時開場)*いつもより、30分早い開演です。

大阪クレオ中央ホールにて

音楽劇「クララ・シューマン 天才のヨメはん」

入場料3000円(前売り)

お問い合わせ・ご予約は、夙川座0798558297 shukugawaza@gmail.com

 

1 2 3 4 5
2020.04.03 Friday