お客様の要望に合わせた作詞・脚本(株)夙川座

アマチュアプロを問わず、音楽を創りたい人にお応えします。
 0798-55-8297
お問い合わせ

インフォメーション

2020 / 04 / 06  11:25

夙川座公演配信出来ません❗️

「夙川座も公演配信すればいいのにー」とのメッセージいただきました!

 

が、

 

夙川座は当初は、「古典文学とクラシック音楽」「近松門左衛門とクラシック音楽劇」など、文化的な薫りを目指してやっておりましたが、

 

「神戸事件 瀧善三郎の最期」で歴史上の人物をオリジナル脚本でやってからは、

 

オリジナルへ移行しました。

 

関西のお客様を前にして、関西の声楽家が芝居するのに、なんでアクセント事典開きながら、標準語?という素朴な疑問から、

 

関西の言葉でオリジナル脚本でやるようになり、

 

アドリブが面白すぎる関西の声楽家達の、あまりのことに驚きまして、

 

前回の「クララ·シューマン 天才のヨメはん 」あたりから、一線を越えてしまった感があります。

 

「上方うた芝居」でしょ、そうでしょ。

ということにもなり、

 

夙川座の音楽劇は、

「関西言葉で、テーマ性のある喜劇」という方向で、定まりました。

 

ということで、

普段は、美しいオペラ歌手であり、美しいピアニストであり、団体のお偉いさんであり、大学講師であり、

合唱指導者であり、指揮者であったり、する音楽家のメンバーの

「一線越えた演技」がそこにはありますゆえ、

 

動画では不出となっておりますー。

 

主催としては、残念ではありますが、

どうぞ公演を観にいらしてください!

 

今年は11/21大阪のクレオ中央大阪で昼間一回の公演です。

 

「レイチェル·カーソン やめなはれDDT!」

 

今年はなんと、音楽までオリジナル!

 

舞台手話通訳者を役者として、芝居の中に組み込んで、聾唖の方に情報保証していく芝居となっています。

 

どうか仕事させてください!

(選挙にでも出るんか、出ません笑)

2020.07.05 Sunday